水中撮影可能なプールの条件 水中ポートレート撮影 アクアローザ・AQUAROSA(R) 

2019年04月01日

水中ポートレートAQUAROSA・アクアローザ
水中で人物の写真撮影をする女性フォトグラファーです。

国内海外問わず、水中ポートレート撮影可能なプールの物理的条件は以下3つです。出張撮影でわたしが伺う場合、お客様ご自身でご確認をお願いいたします。

①水質
水質が管理されていて綺麗である。肉眼で見て白濁している、浮遊物が多いプールはNGです。水温は、ドレスで水に入って寒くない程度は必要です。

②サイズ
横幅3m×奥行3m以上、深さは1.3m位がベストです。衣装を着て立ち泳ぎが出来る方は、足の付かない深いプールでも撮影可能です。

 

③着替え場所、シャワー、トイレがある。

 

 

水質が綺麗なプールの例↓ 水中メガネで中を見てもクリアです。

 

 

やや水質が劣化している例↓ 肉眼で見て1m先がかすんで見えています。どうにかギリギリ撮影出来る範囲です。


 

プライベートプールですと、より撮影に集中出来ます。水質もかなりクリアです。↓

 

ホテルを撮影拠点にした時、各色のドレスを天蓋にかけてお選び頂きました。

 

 

貴女も水中の女神に生まれ変わってみませんか?水に恐怖心が無く、健康な方であればどなたでも撮影出来ます。水中用オリジナルドレス多数、スーパー美修正、フォトグラファー・アシスタントは女性で安心。カップルで記念撮影も。海外出張可能。国内は横浜の室内プールで撮影しています。
お客様の感想

 

2018ド年5月ドイツ公共放送ADR(日本のNHKのような放送局)のプライムタイムのニュース番組WELTSPIEGELで水中ポートレートAQUAROSAが紹介されました。

Unterwasserfotografin in Japan

Kyoko Sampei aus Yokohama ist Unterwasserfotografin. In ihren Bildern erschafft die Künstlerin fantastische Welten.

Weltspiegelさんの投稿 2018年4月19日木曜日

2018年2月号雑誌「Tokyo Weekender」で特集されました。デジタル版はこちら

水中撮影の様子が、2017年9月8日朝日新聞夕刊一面にカラーで掲載されました。

水中ポートレート撮影メイキング

自己紹介
もっと自由に感じるままに【AQUAROSA

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

最近の記事

年月別アーカイブ

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

ページトップへ