映画女優のように「濃く・太く・長いアイライン」 水中メイク ウォータープルーフ

2016年03月29日

女性の美しさを引き出す水中ポートレート・アクアローザAQUAROSAです。

こんにちは。ひさしぶりのブログは、古参アシスタントのマサコが担当します。よろしくお願いいたします。

今日は、「水中でのメイク」についてです。

水中ポートレートのプライベート撮影の場合も、体験会の場合も、メイクはお客様ご自身がご自宅で済ませてから、プールにお越しいただくようご案内しています。実際、いま撮影に使用しているプールには、イス付きドレッサーはなく、ゆっくりとバランスを見ながらお化粧するスペースがないです。プールではお直し程度とお考えください。

濃すぎるぐらいでちょうどよいのが、水中メイク

水中メイクは、「ポイントに重点を置くメイク」です。映画女優メイク、舞台化粧を想像していただくとよいと思います。

  • アイラインは、筆ペンタイプの黒のアイライナーを使って、濃く・太く・長めに描きましょう。舞台化粧では、下のアイラインを下まつ毛の外側に描くこともありますが、水中メイクでは、下まつ毛と同じ位置でOKです。
  • アイシャドウは、目のキワだけでなく、アイホール全体に色を載せてください。色は、はっきりしたもの(=トーンが鮮やか・明るい)おすすめします。一般に「ニュアンスカラー」「偏光パール入り」(=ペールトーン、ソフト)は、水中写真では色がぼんやりしてしまいがちです。
  • まつ毛には、たっぷりマスカラを塗りましょう。バサバサと、視界に入るぐらいでOK笑 つけまつ毛は、ウォータープルーフの、のりを使ってください。

メイク用品については、以前に書いた記事をご覧ください。

以上をふまえてやってみた、お手本の水中メイクは、こちら。目元をきっちりメイクしたので、口元はベージュ系ピンクで抑えめにしてみました。もちろん、目元・口元の両方とも色鮮やかに仕上げてもよいです。

20160329_3

これぐらいきっちりポイントメイクをすれば、ベースメイクはしなくてもOKです。(実際、ファンデーションを2色づかいして陰影をつくるようなベースメイクは、必要ないです)

水の中での撮影は、次第にメイクが流れ落ちて、30分も経てば、いつもの顔に戻ってしまいます。残念ですが、それが現実です。流れ落ちた分は、フォトショップで補正しますので、ご安心ください。

お手本は「映画女優」

水中メイクでは、「大胆な構図」「色選び」「写真映え」を意識してください。毎朝のメイクとは、まるっきり意識を変えて取り掛かる必要があります。

今回のメイクの参考書は、美容室からもらってきたPR誌です。イタリアの映画女優のメイク特集と表紙にあるので、手にとってみました。

20160329_4

確かに、クラウディアカルディナーレ、若かった頃のソフィアローレン、若かった頃のモニカ・ベルッチのような「ザ・映画女優」を想わせるメイクがずらり!実にクラシカルな女優顔が並んでいます。

20160329_5

この間、髪をかきあげるときは、「ハリウッド女優の気分で」とブログに書きましたが、メイクも、普段の延長にあるようなメイクではなく、女優になりきって挑戦してみてください。

以上、水中メイクについてお伝えしました。ありがとうございました。

気軽に水中ポートレートを体験できる「撮影会」

女性カメラマンが2~3名のお客様限定で撮影します。次回の予定は、弊社ブログ「お得な情報・イベント」カテゴリーで最新情報をご覧ください★

これまで撮影してきた写真の作品集 (画像をクリックするとジャンプします)

0111_06

お客様の声「イメージが形になった」「ほかの人とは違うプロフィール写真になった」「最高に楽しかった」

水中ポートレートのメイキング動画

動画 メイキング
Youtube に非公開で動画を置いているため、●●●@gmail.com などグーグルアカウントが必要になります。ご了承ください。

お客様からのよくある質問

なお、撮影したデータの補正については、劇的ビフォーアフターの記事をご参考になさってください。

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

最近の記事

年月別アーカイブ

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

ページトップへ