撮影うらばなし 「宝探しをするマーメイド」 その3・撮影後 人魚で水中ポートレート

2016年01月13日

女性の美しさを引き出す水中ポートレート「アクアローザ」です。

「宝探しをするマーメイド」のウラ話シリーズ、水中モデル兼撮影アシスタントがお送りする3回目です。1回目・撮影前編2回目・撮影当日編はこちらです。

0111_05

事務所に戻ってきたら、今日の撮影で使った機材の手入れ、洗濯をします。塩素で機材が痛まないようにプールサイドで真水で洗ってきますが、それを洗いなおしてから、乾かします。疲れているので、休みたい&寝たいのはヤマヤマですが、撮影機材の片付け・手入れが最優先です。防水仕様の機材は、陸上で使うものに比べて、かなり高価なので、壊れないように気を遣います。洗濯機を何回もまわすほか、背景の布はコインランドリーに持ち込んで乾かします。

10265468_427301397467320_7820656012860227300_o

そういう後片付けをしながら、今日撮影してきたデータをPCで読み込みます。1枚あたりのデータサイズが大きいうえに、枚数も多いので、読み込むのにも時間がかかります。(撮影時間30分で、約50ショットが撮れます)

たくさんのデータのなかから、何枚かを選び、それをカメラマンが画像修正していきます。画面に映りこんでしまっている余計なものを消す、画面全体の明るさ・色調を調整する、薄くなってしまったメイクをリタッチするなど、作業項目は多岐にわたります。個別の箇所をきれいにするのはもちろん、人物全体、画面全体をバランスよく、手を加えたことが不自然にならないように調整していきます。1枚の作業に数時間かかります。数日かけて画像データ修正します。

撮影翌日は、乾いた機材から順に、もとの場所に戻していきます。カメラなどを専門店に持ち込んで手入れしてもらうこともあります。ここで、撮影に関する作業は完了です。

あと、撮影翌日の朝に体重計にのると、いつもより1~2キロ落ちています。冷えたからだを温めるため、撮影後にラーメンや鍋物をおなかいっぱい食べても、体重が減ります。なかなかの重労働なんですね。今回は撮影後に、ラーメンとグラタンを食べたにも関わらず、翌日は体重が減っていました。水中撮影は、1にも2にも、「体力」と思う今日このごろでございます。

3回にわたって、撮影ウラ話を書いてまいりました。この写真については、おしまいです。作品集に掲載している写真で、どうやって衣装や背景をつくったのか気になるものがありましたら、個別にお尋ねください。

水中ポートレート撮影会

水中ポートレートが初めての方には、撮影会がおすすめです。詳細は、当ブログの「お得な情報・イベント」ページでご案内しております。どうぞご覧ください。

水中ポートレートのメイキング動画

動画 メイキング
撮影風景を動画でご覧いただけます。Youtube に非公開で動画を置いているため、●●●@gmail.com などグーグルアカウントが必要になります。ご了承ください。

お客様の声「イメージが形になった」「ほかの人とは違うプロフィール写真になった」「最高に楽しかった」

お客様からのよくある質問

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

最近の記事

年月別アーカイブ

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

ページトップへ