ダンス 水中からミュシャに捧げるオマージュ 後編

2017年10月21日

もっと自由に、感じるままに。水中ポートレートのアクアローザです。今日のブログは、撮影アシスタント兼Facebook ページ担当のMASAKOが書いています。

「ダンス 水中からミュシャに捧げるオマージュ 前編」はこちらよりご覧ください。

 

参考URL:https://www.mucha.cz/en/exibition

https://www.mucha.cz/en/image/catalog/exhibition/tanec.jpg

 

ミュシャの「ダンス」に着想を得て、作品づくりをスタートさせたフォトグラファーと私です。撮影までに、イメージに沿った小道具をそろえなくてななりません。

衣装はフォトグラファー自らが作ることもありますし、オーダーメイドで仕立ててもらうこともあります。今回は、ネットで探したところ、希望通りのものがあったので、それを買いました。

次に、手にもつ布は、大型手芸店に足を運び、2種類を選びました。ドレープができる、軽い、テカテカした光沢がないもの、すべらかなものを探すのに苦労しました。

かつらも大型手芸店でいくつか試着しましたが、結局ネットで探して買いました。また、髪につける花は、フォトグラファーが手づくりしました。

こうして、小道具が揃いました。

 

 

そして、モデルは、ハーフの方にお願いすることに。メイクは、落ちない水中メイクができるメイクアップアーティストの方にお願いしました。深さ3メートルのプールで撮影するので、メイクさんに、水中でのアシスタントもお願いしました。

そして、いよいよ撮影当日。

モデルさんとメイクさん。

わたしは、陸上からライティングのサポートなどをしていました。プールサイドから、プールのなかを覗き込むと、こんなことになっていました。

 

こうして、出来上がった作品は、こちらです。ミュシャのダンスが、確かに水のなかに降りてきました。

ミュシャの絵と、撮った写真を合成してみました。

水中ポートレート アクアローザ

 

フォトグラファー、モデル、メイクアップアーティスト、アシスタントが協力して、ミュシャという偉大なアーティストを、水の世界へご招待するのに成功しました。

こうして作品が出来上がると、水のなかからミュシャにラブレターを送ったのが、彼に届いたようで、嬉しいです。

 

この作品はCreema にて販売中です。ご自宅のリビングルームに飾ると、このようになります。

 

 

 

水中撮影の様子が、2017年9月8日朝日新聞夕刊一面にカラーで掲載されました。デジタル版はこちらです↓

作品のオンラインショップです↓

インスタグラムでメイキングを公開しています。↓

フォトグラファー ・アクアローザ
自己紹介・水中ポートレートを始めたきっかけ
受賞歴
もっと自由に感じるままに【AQUAROSA】

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

最近の記事

年月別アーカイブ

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

ページトップへ