【夢を体験するとき】 愛媛県K様 体験談 水中ポートレートアクアローザ®

2019年02月11日

水中ポートレートAQUAROSA 水の中で人物を写真撮影する女性フォトグラファーです。

水中撮影を体験されたお客様のレポートです。
冬の時期に室内プールでの撮影、四国から長距離の移動ももろともせず、4種類の女神に変身していただきました。

愛媛県K様 ご感想
「水の中で写真を撮られるのは初めてで、とてもわくわくしました。出来上がった写真はとても満足して気に入っています。大きく引き伸ばしてプリントアウトし、自宅に飾りたいです。
心理的には、無意識のうちに自分でつくっていた制限に気づきました。今度は南国のビーチなど、綺麗な海で撮影したいです。」


K様には一日で4パターン(ドレス2種類、ヌード、マーメイド)のハードな撮影を体験していただきました。撮影前に何度もメールでやり取りをし、夜行の長距離バスで横浜にお越し頂き、いよいよ撮影当日になりました。
K様の第一印象は、奥ゆかしく清らかなイメージの女性。メイクをして、ドレスに着替えて水に入ります。そこから先は、水中でお花が生命を吹き返したような、見えないガラスの天井を突破したような、特別な時間が続いていきました。

 


ご持参のホワイトドレスは清楚なK様のイメージにぴったり。水中用のオリジナル赤ドレスに着替えたら、全く違う女性の雰囲気になりました。その後はヌード撮影もさせていただきました。透け感のあるシルクベールを纏い、花びらを散らしてみました。(非公開)


長時間の撮影大変お疲れ様でした。
数百カットの撮影が終わった時には、全員が疲労困憊、荷物も大量だったので現場でお別れしてしまいました。もっといろいろお話したかったですね。

 


最終的に沢山のカットを追加でご注文いただき、すべてレタッチして納品するまで2カ月かかりました。初めのコンタクトから実に半年が経過して、やっとプロジェクトが終わりを迎えました。
無意識のうちに自分でつくっていた制限にお気づきになったK様、わたしもあの後、自分をとりまく状況が全く変わりました。

この度は水中ポートレートAQUAROSAアクアローザを体験していただきありがとうございました。

 

2019年は時期により活動場所を変える予定です。今どこに居るかはインスタでご確認いただけますか。よろしくお願い致します。

自己紹介
もっと自由に感じるままに【AQUAROSA】

2018ド年5月ドイツ公共放送ADR(日本のNHKのような放送局)のプライムタイムのニュース番組WELTSPIEGELで水中ポートレートAQUAROSAが紹介されました。

Unterwasserfotografin in Japan

Kyoko Sampei aus Yokohama ist Unterwasserfotografin. In ihren Bildern erschafft die Künstlerin fantastische Welten.

Weltspiegelさんの投稿 2018年4月19日木曜日

2018年2月号雑誌「Tokyo Weekender」で特集されました。デジタル版はこちら

水中撮影の様子が、2017年9月8日朝日新聞夕刊一面にカラーで掲載されました。デジタル版はこちらです↓

水中ポートレート撮影メイキング

 

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

最近の記事

年月別アーカイブ

ギャラリー Works About AQUAROSA Store 撮影 ブログ Blog 購入

ページトップへ